Search this site
がんばって、がんばって

夢を見つける。

大切な人を守る。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
帰国
 帰ってきました。
帰る機内で熱出しました。(笑)
きっと安心したんだね、今は風邪と戦ってるよ。

私が居ない間、日本は大してなんにも変わってないんだろうな、
って思ってた。
こんなことになるなんて、本当に思ってなかった。
しかも実際揺れを自分が体験してるわけじゃないから、
「焦りが足りてない!」と帰国直後、家に戻ることに必死になってる父親に言われてたよ。

それでも、イギリスでの報道に
これが本当に日本なの?!って疑ったくらい
信じられない映像ばっかりだった
友達だって仙台にいるし、
親戚も東京仙台にいるし、
私より早く帰国したイギリスでの友達もいるし。

本当に皆の無事を祈るだけでした。
今もできることは、祈ること。
募金や節電。
状況から目をそらしちゃだめだよね。

posted by 和紗 | 08:26 | - | comments(0) | - |
1カ月前のわたし
 1カ月前のわたしに、いろいろ言いたいことが山ほどある。
そしてこれからの私にも。

1カ月前の私には、
「服なんてどーにかなるから、防寒具と日本食とクレジットカードを持っていけ。」
と伝えたい。

これからの私には
「きっとこれ以上に辛いことは、大切な人が側から本当に消えてしまう時だから
 あなたはこれから頑張れるよ。」
と伝えたい。

もう本当に、これ以上辛いことなんて起きない
そう思った1カ月でした。
周りと比べるのはよくないって分かってるけど、
それでも他の学生のホストファミリーが羨ましくて
なんで私は高いお金を払って、こんな家に居るんだろう?
なんで最初からの希望通り寮にしなかったのか。
留学会社のススメなんて、無視すればよかった...
本当に辛かった・・・
「ホストファミリーの評判の良い土地」 そんなのウソっぱちだよ。
家に帰ることがこんなにも苦痛になるなんて、思いもしなかった

早く家族に会いたい
ホストファミリーとの関係が余計に、そう思わせて
自分の家族の温かさを知った。
そしてどんなに自分が恵まれているか、幸せな家庭に生きているか。

言葉が分からないから、なおさらどなり声とか大声が怖いの
子供がなんで毎日、泣き叫んで、
母親が叫んでいるのか分からない。
アラビア語か英語の区別さえつかない・・・・

ご飯だって最初の一週間ぜんぜん食べれなくて。
よりによって主食は私の嫌いなカレーだった(笑)
これを機に、嫌いが大嫌いに変わった。
最近じゃ、家で夕食をとらない。
その分のお金もったいないけど、家でひとりで食べることのほうが苦痛だ。
それなら、レストランでひとりで食べたほうがまだマシ。

家以外ではすごく楽しく過ごせたのが、よかったこと。
夜まで帰らなければ、朝早く家を出れば、家族に会わないですむ

本当なら、こんな風に考えなくなかった。
こんな風になるべきじゃなかった。
だけど、耐えられなかった....

寒い部屋で、壊れたシャワー
食べれない食事
分からない言葉でのケンカと泣き声

子供は毎日泣き叫ぶくせに、すぐケロっとしてる
海外の教育ってこんなにシビアなの?
かるく虐待じゃないかって疑ったけど…

一生ホームステイなんてしない。

でもまたロンドンには来たい。
あと1週間。待ち遠しくてたまらない。

問題は空港。
私は無事にチェックインして、関税を抜けて、日本に帰れるのか。
残り一週間、お金は足りるのか。
あああ、不安だらけだ。
posted by 和紗 | 04:32 | - | comments(0) | - |
打ち勝つ
 わたしは追い込まれたら
その分がんばれる子だと信じてます。
自分の夢が叶うときに、自分を信じることができないなんて
かっこ悪い!

7年越しの夢が叶って、それと同時に大きな目標に変わる瞬間!
わたしは今やれることをしっかりやって、
次に生かすんだ!

打ち負かされたって、諦めないで、2度3度行くのさ。
アメリカだって、ニュージーランドだって、
イタリアだって、シンガポールだって、イスファハーンだって・・・
行って、感じてみたい世界はまだまだ沢山あって
わたしはその目標のために勉強だって
1ヶ月の留学だって無駄に出来ない、大きな一歩になるはず!

がんばるぞーーがんばるぞーー!

帰ってきたら、家族と友達と彼にたくさん甘えるからいいんだぜーー
posted by 和紗 | 23:03 | - | comments(0) | - |